ボタン トップページ.gif ボタン サイトマップ.gif ボタン Facebookページ.gif ボタン Twitter.gif ボタン お問い合わせ.gif


当ブログにお越しいただき有難う御座います。

ここにお越しいただいたという事は節約に興味のある方だと思います。
節約と言っても人によって合う合わないもあればそれぞれの生活リズムで節約方法が異なる事も沢山あります。

まずは自分がどんな無駄遣いをしているか?これを把握し自分に合った節約術を見つけて行きましょう!
節約生活を実行する前に





ブログを引越ししました

貧乏父さんの節約術レジスタードマーク−節約テクニック大公開−




Google
WWW を検索
貧乏父さんの節約ブログ内を検索


2013年06月26日

こども医療費助成制度(乳幼児医療費助成制度)



こども医療費助成制度(乳幼児医療費助成制度)とは?

各自治体で父母の市民税の税額控除前の所得額(合算)が、基準額以下だった場合に医療費の自己負担を助成してくれるという制度。


何歳まで?
3歳、就学前、小学6年までと各自治体によって様々です。
詳細は住んでる地域の市町村役場の窓口かホームページで確認しましょう。
「こども医療費助成制度 (お住まいの市町村)」で検索して下さい。


所得額
こちらも各自治体によって異なります。


助成金額
医療費の全額のところもあれば一部のところもありこれも各自治体で異なります。


手続きに必要な物
・健康保険証(対象乳幼児の記載があるもの)
・印鑑
・課税証明書



※助成して貰うには健康保険に加入していることが絶対条件です。


医療費を全額負担という自治体もありますが薬の容器代などは請求されることもありますのでお気を付けください。



色々と調べてみましたが各自治体で内容や条件が異なるので詳しくお伝えすることが出来ません(^_^;)
こういう制度が存在するということを周知していただき少しでも出費を減らして有効なお金の使い方をしましょう!!


詳細はお住まいの市町村役場又はホームページで確認しましょう!





☆ポチっと応援して戴けると私のモチベーションが上がります☆
応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

posted by 節約パパ at 06:52| Comment(0) | 医療費節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

医療控除!驚きの還付金

 
 
確定申告は2月16日〜ですが医療控除の還付申告は1月から出来るという事で本日、初めての医療控除の申告に税務署へ行って参りました。

何もかもが初めてでインターネットで色々調べながら医療費の領収書を医療を受けた人病院薬局別にそれぞれに掛かった料金も計算して昨日、纏めておきました。

市販の風邪薬なども控除の対象になるということでレシートを取っておいたハズなのに・・・


ない!!


先日、書類棚や財布の中のレシートを整理して捨てた時に一緒に捨ててしまったのかも(゚o゚;;


まあ、ない物は仕方が無いのである領収書を持っていざ出陣!!



まず、税務署の総合案内所で何をしたら良いか尋ねると・・・

 

続きを読む
posted by 節約パパ at 22:50| Comment(2) | 医療費節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

市販の薬も医療控除対象

 
 
医療費が10万円を越えると減税される医療控除をご存知でしょうか?


対象の条件

納税者が自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の為に支払った医療費が下記の条件を満たしていること。

・1月1日〜12月31日までに医療費が10万円を超えた場合
・総所得が200万円未満の人は総所得の5%場合


但し、生命保険・高額医療費・出産育児一時金など補てんされた金額をマイナスした金額であること。

 
続きを読む
posted by 節約パパ at 06:36| Comment(0) | 医療費節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。