ボタン トップページ.gif ボタン サイトマップ.gif ボタン Facebookページ.gif ボタン Twitter.gif ボタン お問い合わせ.gif


当ブログにお越しいただき有難う御座います。

ここにお越しいただいたという事は節約に興味のある方だと思います。
節約と言っても人によって合う合わないもあればそれぞれの生活リズムで節約方法が異なる事も沢山あります。

まずは自分がどんな無駄遣いをしているか?これを把握し自分に合った節約術を見つけて行きましょう!
節約生活を実行する前に





ブログを引越ししました

貧乏父さんの節約術レジスタードマーク−節約テクニック大公開−




Google
WWW を検索
貧乏父さんの節約ブログ内を検索


2014年01月14日

スマホ電話SIMフリーDataのデメリット


ちょこっと面白い物見つけたのでご紹介致します。

ここ最近、よく耳にするMVNO。

皆さんはご存知でしょうか?



MVNOとは?

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の事でNTTドコモなどの既存しているネットワークを借りて通信サービスを提供している事業者の事です。


これらの事業者が提供しているサービスとして最近、話題となっているのが格安SIMカードです。




現在、スマホを普通に使ってる人なら毎月の通信料がガラケーの時に比べて多くなったと感じたことがあるのではないでしょうか?

ガラケーの時にパケ放題を付けていなかった人は2倍、3倍、それ以上に毎月の通信料が増えた人も少なくないと思います。

基本的にスマホも持つと通話料以外の固定費が7000円前後と大幅にアップします(使っても使わなくても払わなければならない費用)

通話や有料アプリを利用すればこれにプラスして通信費が増えるので10000円/月くらいすぐにいってしまいますf^_^;


スマホの使い方は人それぞれ違うのでこれが一番良いと言う節約術はありません。

そこで当ブログ管理人の私が実際に利用しているサービスや気になるサービスをご紹介していますのでサイトマップよりあなたに合った節約術を見つけて下さい。





前置きが長くなりましたがそんな中、Wi-Fiルーターとガラケーの2台持ちやスマホとWi-Fiルーターの2台持ちなどで上手に通信費を抑えてる人が多い中、最近話題になっているのがMVNOの格安SIMカードです。

基本的にMVNOの格安SIMカードは通信専用の物が殆どで電話番号を取得したければ050plusなどのIPフォンの契約をする必要があります。

IPフォンなのでインターネット環境の良い場所ならばそれほどストレスを感じる事はないと思いますが電話回線と比べると通話品質は落ちます。






そこでやっと本題に入りますが今回、お伝えしたいサービスがb-mobile(日本通信)が提供するスマホ電話SIMフリーDataです。


このサービスの凄いところ

パケット通信が低額で利用できるのは勿論、電話番号も取得出来るのでMNP(Mobile Number Portability)が利用出来る。

現在使ってる電話番号をそのまま利用出来る事で人に新しい電話番号を教える手間が省けます。




通信費を抑える為にはとても良いサービスだと思いますが人によってはデメリットも沢山出てくると思いますので幾つか挙げてみましょう。




スマホ電話SIMフリーDataのデメリット

・通信速度が遅い
動画再生や連続したデータ通信が利用できないほど速度が遅いのでネット通信がメインの人には向かない

しかし、オプションサービスで月額1560円プラスすれば高速通信が可能になります。
※利用データ量は3GBまで


・5ヶ月以内に解約すると8400円の違約金が発生する
5ヶ月以内に解約すると違約金が発生しますが大手3キャリアのように自動更新ではないので5ヶ月以上持てばいつでも他のキャリアに乗り換える事が出来ます。


・キャリアメールが使えない
docomo.ne.jpやezweb.ne.jp、softbank.ne.jp、i.softbank.jpなどのキャリアメールは使えなくなりますがGmailやhotmailなどフリーメールを利用すれば対応できる



・MNPを利用時に1日〜4日程度使えない期間が発生する
MNP予約番号の照会が完了後、旧契約会社との契約が解除されSIMカードの発送となりますので使えない期間が発生します



・利用できる端末が限られる
基本的にSIMフリーのスマホ。基本的にauやsoftbankのスマホは対象外となっています。
詳しくはこちら
動作確認端末一覧



・テザリング機能は利用出来ない
これまで使えてたドコモのスマホでもスマホ電話SIMフリーカードに変えた場合、テザリング機能は使えなくなります





では結局、どんな人に向いているのか?


090や080の電話番号が必要でたまにウェブ検索をするくらいの人向けではないでしょうか。

上手に利用すればかなりの節約が見込めると思いますので詳細をご覧下さい。




SIMカードはショップでも販売されてます。






インターネット通信がメインで電話がサブくらいの人はWi-Fiに対応してるスマホなどを安く探してきて2880円/月の楽天スーパーWi-Fiを使う方が安く使えるかもしれませんね。

月額2880円使い放題に騙されるな〜楽天スーパーWiFi〜









ブログの更新やブログでは書かないような小さな節約ネタ、数限定の旬なアイテムの情報はFacebookページやTwitterなどで発信していきます。


宜しければフォロー&いいね!をお願いします。








☆ポチっと応援して戴けると私のモチベーションが上がります☆
応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術
へ

 
posted by 節約パパ at 07:08| Comment(0) | 通信費節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。