ボタン トップページ.gif ボタン サイトマップ.gif ボタン Facebookページ.gif ボタン Twitter.gif ボタン お問い合わせ.gif


当ブログにお越しいただき有難う御座います。

ここにお越しいただいたという事は節約に興味のある方だと思います。
節約と言っても人によって合う合わないもあればそれぞれの生活リズムで節約方法が異なる事も沢山あります。

まずは自分がどんな無駄遣いをしているか?これを把握し自分に合った節約術を見つけて行きましょう!
節約生活を実行する前に





ブログを引越ししました

貧乏父さんの節約術レジスタードマーク−節約テクニック大公開−




Google
WWW を検索
貧乏父さんの節約ブログ内を検索


2013年09月16日

ふすまの貼り替えに初挑戦!!上手く出来たかなぁ・・・


古くなった和室のふすまを自分で貼り替えてみることに。

本ふすま⇒5枚(大1枚、中2枚、小2枚)
板ふすま⇒4枚(大4枚)

計9枚



今日は、初めてという事でとりあえず板ふすまの貼り替えを2枚だけトライしてみました。


準備した物

ふすま紙(95p×184p)2枚入り 水だけで手軽に貼れるのり付き 898円×3本
ヘラ 100円
カッター 100円
スポンジ(水塗り用)
マイナスドライバー
ペンチ
定規


9枚分の材料費 2894円



楽天で見つけた安いふすま紙も送料を入れると近くのホームセンターの方が安く買えたので良い買い物をしました(*´∀`*)







作業の流れ

1.引き手金具を取り外す

上下2箇所の釘を抜く

image.jpg


マイナスドライバーを使って釘を浮かせ、浮いた釘をペンチやニッパーを使って引っこ抜く。
※1本抜ければ2本目はそのまま金具を引っ張れば外れます。

image.jpg




2.ふすま紙を広げ、ふすまをその上に置いて2、3p大きめにカットする
枠の大きさくらいにカットすれば貼りやすくなります


3.ふすまの枠にマスキングテープを貼る
ふすま紙に付いてるノリが枠に付かないようにする為

image.jpg




4.ふすま紙を裏返しスポンジを使ってたっぷりと水を塗ります


5.枠と同じ大きさにカットしたふすま紙をふすまに貼ります
この時、乾いた場所があればさらに水を塗ってから貼り付けましょう。

image.jpg


中から外に空気を出す感じでタオルか何かで押さえていきます。
※少しくらいのシワは乾いたらわからなくなります



6.定規を使って枠にそってカット
写真のように定規を枠に当てて定規と枠の間をカッターで切ると上手に切ることが出来ます。

image.jpg



7.剥がれないように縁をヘラで押さえます


8.枠に貼ったマスキングテープを剥がす


9.引き手金具が入る穴に切れ目を入れる

image.jpg



10.外した金具を元に戻して釘を入れたら終了
釘はマイナスドライバーを当ててペンチやハンマーで叩けば簡単に入ります




左が古くなった麩、右が新しくなった麩。

image.jpg



明るくなりました(*´∀`*)



完成

image.jpg



2枚貼るのに2時間弱、掛かりました(-_-;)

要領が掴めてきたので次は1枚、30分弱で出来そうです。


残り7枚、暇を見つけては貼り替えていこうと思います(*´∀`*)


貧乏暇なしとはこういうことですね(笑)





facebookページを立ち上げました。

ブログの更新は勿論、ブログでは書かないような小さな節約ネタなどアップしていますので宜しければ『いいね!』をお願いします。





☆ポチっと応援して戴けると私のモチベーションが上がります☆
応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術
へ

 



posted by 節約パパ at 23:50| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。